旗竿地の売却はなぜ難しい?売却するための方法とは

旗竿地の売却はなぜ難しい?売却するための方法とは

売却を検討している土地が旗竿地であるために、売れないのではとお悩みの方もいるでしょう。
旗竿地の売却は難しい傾向にありますが、理由を知って対策すれば売れないわけではありません。
今回は、旗竿地の売却が難しい理由や売れやすい旗竿地の特徴、旗竿地を売却するための方法についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

旗竿地の売却が難しい理由

旗竿地とは、1つの区画の中でほかの土地に囲まれた奥まった場所に位置し、道路と1本の通路でつながっている旗竿や斧のような形をした土地です。
土地を細かく区切って多くの所有者に行き渡らせる、都心部に多い土地の形状になります。
旗竿地は、一般的な土地と比べて建築制限が多く設けられており、評価が低いです。
土地に建物を建てるためには、幅員4m以上の道路に2m以上接していなければなりません。
旗竿地の場合は道路に面しているのがほとんど通路となる間口だけであり、これが2m以上道路と接していなければ再建築不可となるため、売却しにくいのです。

\お気軽にご相談ください!/

売却しやすい旗竿地とそうでない旗竿地の特徴

形状から旗竿地に分類される場合でも、間口が広くさまざまな用途に利用できるような土地であれば、売却しやすい傾向にあります。
間口が広ければ、駐車場や簡単な庭として利用できるため、生活の幅が広がるでしょう。
また、日当たりが良い土地であれば、形状に関係なく売却できる可能性があります。
洗濯物の乾きやすさや室内の温度などと直結するため、生活の質を重視する方にとって日当たりは重要な特徴です。
同様に風とおしが良い土地であればカビが発生しにくいため、日当たりとあわせて重視されることがあります。
一方、売却がどうしても難しい旗竿地は、建物を解体すると再建築不可の物件です。
古い建物の建て直しや更地への新築ができなくなるため、使い物にならない土地として売却が難しくなります。

\お気軽にご相談ください!/

旗竿地を売却するための方法

再建築不可の土地はそのまま一般的な買主には売却しにくいため、隣地の所有者など、その土地を購入して得をする方に売却する方法をとると良いでしょう。
旗竿地を購入して、もともと持っていた土地と合筆すれば再建築できるようになり、以前よりも土地を広く使えることから歓迎される場合があります。
旗竿地に至るまでの道が私道である場合は、それが売却を難しくしている可能性もあるため、私道の所有者から持分を購入するか、通行地役権を設定させてもらえるよう交渉してみましょう。
接している道路が幅員4m以上ない場合は、セットバックにより土地の面積を狭めて、道路を広げなければなりません。
ただし、周辺に公園や広い空き地など建物のない土地があれば、セットバックは必要ない場合もあります。

まとめ

旗竿地は、一般的な土地と比べて使い勝手が良くないことも多く、売却しにくい傾向にあります。
とくに、再建築不可の制限がかけられている土地の場合は、売却のために工夫が必要です。
所有している旗竿地の条件を確認し、宣伝内容や売却する相手を絞って売却につなげましょう。
湘南の不動産売却のことなら「藤沢不動産売却サイト」にお任せください!
藤沢市及び隣接の市区町村、横浜市・茅ヶ崎市・鎌倉市・綾瀬市・大和市・寒川町・海老名市で不動産売却をご検討中の方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0466-61-0019

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日、日曜日

関連記事

不動産売却の流れ

売却査定

お問い合わせ