不動産の売却時に必要な物件調査とは?特徴や流れをご紹介!

不動産の売却時に必要な物件調査とは?特徴や流れをご紹介!

不動産を売却する際は、不動産会社が物件調査を実施した上で、どの価格で売却するかを決定していきます。
物件の種類によって物件調査の内容も異なるため、気になる方は全体の流れを把握しておくと安心です。
今回は、物件調査の定義や内容、手続きについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産を売却するときに必要な物件調査とは何?

物件調査とは、不動産会社がマンションや一戸建て、土地などの売却価格を決定するために行う調査のことです。
物件調査を省略して価格を決めてしまうと、相場から大きく逸脱した価格になることや、予期しない欠陥が発見され売却時にトラブルが生じる可能性があります。
物件調査には役所の調査、法務局の調査、市場調査、取引事例調査、現地調査、ライフライン調査の6種類があります。
これらの調査によって、道路の種類や権利関係などの情報だけでなく、現地訪問によってしか把握できない情報も得ることができます。
現地調査は、役所や法務局で得た情報との整合性を確認し、トラブルを未然に防ぐためにも重要です。

▼この記事も読まれています
土地の売却後に確定申告は必要?流れや必要書類なども解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時に必要な物件調査は不動産の種類によって異なる?

物件調査は6種類あるものの、物件の種類によっては該当しないもの、追加で確認されるものがある点に注意が必要です。
マンションの場合、土地や一戸建てのように境界線の調査は重視されず、共有スペースの利用ルールや管理規約の内容が6種類の調査とは別で確認されます。
一方、土地や一戸建ての場合はトラブルを防ぐために境界線の調査が重視されます。
ほかにも雨漏りなどの不具合、異臭や騒音などの周辺状況、接道の状況などさまざまなポイントが重視されるのが特徴的です。

▼この記事も読まれています
不動産売却に必要な告知書とは?記入方法や注意点を解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時におこなわれる物件調査の流れ

物件調査では、まず売主からの聞き取りが行われます。
チェックポイントとしては、住宅ローンや税金の支払状況、相続人の有無、付帯設備の内容などがあります。
また、第三者との賃貸借契約がないか、不法占有されていないかなど、さまざまな点について回答する必要があります。
聞き取りが完了したら、6種類の物件調査の中から必要な調査を実施していきます。
物件調査がすべて完了したら、売却価格を決定し、売却活動を開始する流れとなります。

▼この記事も読まれています
不動産売却の際にゆとりを持って用意しておきたい必要書類

まとめ

物件調査は主に6種類あり、土地やマンションなど不動産の種類によって調査内容は異なります。
適正な価格を算出するだけでなく、買主とのトラブルを防ぐためにも重要な調査ですので、売主側も結果を慎重に確認することが大切です。
藤沢市の不動産売却・相続・住み替えなど不動産のことなら藤沢不動産売却サイトお任せください。
藤沢市及び隣接の市区町村、横浜市・茅ヶ崎市・鎌倉市・綾瀬市・大和市・寒川町・海老名市で不動産売却をご検討中の方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0466-61-0019

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日、日曜日

関連記事

不動産売却の流れ

売却査定

お問い合わせ