土地の売却時に地中埋設物がトラブルになる?調査方法について解説

土地の売却時に地中埋設物がトラブルになる?調査方法について解説

土地の売却で地中埋設物があると、土地を取得した後にトラブルが発生する可能性が高いので事前に調べて対処しなければなりません。
また、撤去や調査にはそれなりの費用が必要となります。
本記事では、地中埋設物とは何か、それを調べる方法、撤去しなくても問題ない埋設物について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

土地を売却する際に問題となる地中埋設物とは?

地中埋設物とは既存建物の基礎部分やコンクリート片といった建設廃材、屋根瓦などの建築資材、古い水道管、浄化槽、井戸など、地中に埋まっている廃棄物などを指します。
以前、産業廃棄物に対する規制が緩かった時代には、建物を解体する際に発生した屋根瓦やコンクリート片をそのまま地中に埋め戻すのが一般的でした。
しかし、地中埋設物は不要な物質でありながら、地中に埋まったままの状態であり、新たな建物を建てる際の基礎工事の妨げとなる可能性があります。
そのため、買主が新たな建物を建てる際に問題が生じる場合が多いのです。
このような場合、売主は契約不適合責任を負う恐れがあります。

▼この記事も読まれています
旗竿地の売却はなぜ難しい?売却するための方法とは

\お気軽にご相談ください!/

土地の売却における地中埋設物の調査の意義とは?

土地の売却で地中に埋設物が存在すると、土地を取得した後に建物を建てようとする際に問題が生じる可能性があります。
つまり、地中埋設物は土地の欠陥と見なされ、契約できない要因となる可能性があります。
また、地中埋設物を除去するためには膨大な費用がかかる場合もあり、買主からの訴訟のリスクもあるため、注意が必要です。
地中の状況を調査する手段として、地中レーダー探査が一般的です。
これは非破壊検査の一つで、地面をアンテナで走査し、反射波形から地中埋設物や空洞、地盤の緩みを読み取れます。
また、ボーリング調査では、地面に直径約8cmの穴を開け、鉄製の筒状部品であるサンプラーを挿入します。

▼この記事も読まれています
土地の査定方法の一つでもある公的評価とは?道路や形状も関係してくるのか

\お気軽にご相談ください!/

土地の売却時に撤去不要な地中埋設物や撤去方法とは?

土地を売却する際に「地中に埋もれているから問題ないだろう」という考えは誤りです。
土地を売却する際には、水道管などが地中に埋まっていないかを十分に調査して確認する必要があります。
地中の埋設物をそのままにしておくと、地盤の強度が低下し、地震時に大きな被害を引き起こす可能性が高いです。
また、コンクリート造りの建物やビル跡地では、基礎杭を地中深く打ち込んでおく必要があります。
しかし、基礎杭を撤去するには困難が伴い、莫大な費用がかかります。
通常、基礎杭は地表から深さ1.5mでカットし、残りの部分をそのままにしておく方法が一般的です。
ただし、土地を売却する際には、買主に対して「重要事項」として情報を伝えるのが重要です。

▼この記事も読まれています
土地を相続する際に起きるトラブルとは?相続税や登記を平等に対処する方法

まとめ

地中埋設物とは建設廃材、建築資材、古い水道管、浄化槽、井戸など、地中に埋まっている廃棄物などを指します。
埋設物を調べず、撤去しないで放置していると次の所有者の手に渡ったときにトラブルになる可能性が高いです。
そのため、埋設物は事前に調べて対処しなければなりません。
藤沢市の不動産売却・相続・住み替えなど不動産のことなら藤沢不動産売却サイトお任せください。
藤沢市及び隣接の市区町村、横浜市・茅ヶ崎市・鎌倉市・綾瀬市・大和市・寒川町・海老名市で不動産売却をご検討中の方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0466-61-0019

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日、日曜日

関連記事

不動産売却の流れ

売却査定

お問い合わせ