任意売却するとブラックリストに?ブラックリストの注意点をご紹介

任意売却するとブラックリストに?ブラックリストの注意点をご紹介

住宅ローンの支払いが厳しくなり、任意売却を検討している方もいるでしょう。
任意売却するとブラックリストに入ってしまうのかと心配してしまう方も多くいます。
この記事では任意売却するとブラックリストに入ってしまうのかについてご紹介します。
ブラックリストに入ってしまったときの注意点についてもご紹介しますので参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

任意売却が理由でブラックリスト入りはない

任意売却が理由でブラックリスト入りはありません。
ブラックリストと呼ばれるリストが実際にあるわけではなく、金融事故情報が登録された状態をブラックリスト入りといいます。
金融事故情報とは、自己破産やローンの滞納などが当てはまります。
信用情報信用は信用情報機関が管理しており、そこのデータベースに事故情報が登録されるとブラックリスト状態です。
任意売却自体は信用情報に傷がつく行動ではありませんが、任意売却が事故情報が登録されている状況である可能性が高いです。
住宅ローン滞納が3か月続くと「異動情報」と呼ばれる、信用情報機関に信用力が下がっている状態だと登録されます。
任意売却する方の多くはこの異動情報が記録されている可能性が高いです。
つまり、任意売却したからブラックリストに入るのではなく、住宅ローンを3か月滞納しているからブラックリストに入ってしまいます。

▼この記事も読まれています
不動産の売却時に必要な付帯設備表とは?知っておきたい記載事項や注意点

\お気軽にご相談ください!/

ブラックリスト入りしたときの注意点とは

信用情報に傷がつくとクレジットカードの利用が停止されるケースが多いです。
これは信用情報機関において問題があると認識されて、新しい取引ができなくなってしまいます。
クレジットカードの支払いをきちんとしていても、強制的に止められる可能性がある点が注意点です。
一般的にローンを滞納すると連帯保証人に支払いが求められます。
しかし、連帯保証人も支払えないとなると、連帯保証人も信用情報に傷がつく可能性があるでしょう。
連帯保証人が支払いを滞納しなければ大丈夫ですので覚えておきましょう。
信用情報に異動情報が登録されると、その支払いが完済してから最大5年間は情報が残ります。
もし、自己破産などの債務整理をした場合に残る官報情報は最大10年間残ってしまいます。
異動情報と官報情報とでは記録が残る期間が異なりますので注意しましょう。

▼この記事も読まれています
不動産買取でよくあるトラブルとは?解決策や回避方法を解説!

まとめ

任意売却が理由でブラックリスト入りはありませんが、住宅ローンの滞納が理由ではブラックリストには入ります。
信用情報に傷がつくととクレジットカードが使えなくなるなどの影響がありますので注意しましょう。
信用情報は5年〜10年と長期間にわたって残ってしまいますので、支払いが滞らないようにしましょう。
藤沢市の不動産売却・相続・住み替えなど不動産のことなら藤沢不動産売却サイトにお任せください。
藤沢市及び隣接の市区町村、横浜市・茅ヶ崎市・鎌倉市・綾瀬市・大和市・寒川町・海老名市で不動産売却をご検討中の方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0466-61-0019

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日、日曜日

関連記事

不動産売却の流れ

売却査定

お問い合わせ