不動産売却に必要な期間は?長引く原因と対処法を解説!

不動産売却に必要な期間は?長引く原因と対処法を解説!

不動産の売却を検討している方は、買主が見つからなかったらどうしようと不安になる方もいるのではないでしょうか。
また、一般的にどれくらいの期間売却活動をすれば買主が見つかるのか気になる方も多いでしょう。
そこで今回は、不動産売却に必要な期間はどれくらいなのか、長引く原因と対処法を解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却にかかるおおよその期間はどのくらい?

不動産の売却を決定してから買主への引渡しまでの期間は、一般的に3〜6か月程度が目安だといわれています。
売却の流れに沿ってお伝えすると、まず売却価格の査定や不動産会社の決定から始まり、ここまでに1週間から1か月程度が必要です。
不動産会社が決まったら売却活動のスケジュールなどを決定して実際に売却活動、内覧対応へと進みますが、買主が決まるまで1〜3か月ほどかかります。
その後売買契約に1~2週間ほど、決済・引渡しに1〜2か月ほどの時間を要し、合計すると引渡しまでの期間は早ければ3か月、長ければ6か月程度です。
マンションの売却は比較的スムーズにいくケースも多いですが、一戸建てや土地の売却において境界確定作業が必要になる場合は時間がかかる傾向にあります。

▼この記事も読まれています
不動産の売却時に必要な付帯設備表とは?知っておきたい記載事項や注意点

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却が長引く原因とは?

不動産売却が長引く原因として挙げられるのが、売り出し価格が高すぎることです。
売却活動を始めて3か月経過しても具体的な購入意向をもらえない場合は、販売価格を見直したほうが良いかもしれません。
また、立地条件が悪い不動産も売却に時間がかかりがちです。
間取りや設備は購入後に変更がききますが、立地条件は変えられるものではないため、駅からの距離が遠い、周辺に商業施設がない不動産は苦戦する可能性が高いです。
不動産そのものに問題がなくても、売り出しの時期によっては買主を見つけるまでに時間がかかります。
春や秋は不動産売買が活発になる時期であり、このタイミング以外で売却しようとするとそもそも購入を検討する方が少ないかもしれません。

▼この記事も読まれています
不動産の売却時に必要な物件調査とは?特徴や流れをご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却が長引くのを防ぐ対処法!

不動産売却が長引くのを防ぐ対処法は、販売価格を下げることです。
建物は時間が経過すればするほど価値が下がるので、相場と同等、またはそれ以下の価格で売り出すと早期に買主が見つかります。
内覧の予約は入るのに具体的な購入の話まで至らない場合は、内覧時の対応を見直す必要があります。
室内の整理整頓を徹底して、不動産の印象が良くなるように工夫すると、内見時に購入意向が高まるはずです。
利益よりも売却のスピード重視の方は、不動産会社に買取してもらうのもひとつの方法です。

▼この記事も読まれています
不動産買取でよくあるトラブルとは?解決策や回避方法を解説!

まとめ

不動産の売却を決定してから買主への引渡しまでの期間は、一般的に3〜6か月程度が目安だといわれています。
早期に売却するためには「販売価格を下げる」「整理整頓を徹底する」「不動産会社へ買取してもらう」の3点が挙げられます。
藤沢市の不動産売却・相続・住み替えなど不動産のことなら藤沢不動産売却サイトにお任せください。
藤沢市及び隣接の市区町村、横浜市・茅ヶ崎市・鎌倉市・綾瀬市・大和市・寒川町・海老名市で不動産売却をご検討中の方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0466-61-0019

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日、日曜日

関連記事

不動産売却の流れ

売却査定

お問い合わせ