二世帯住宅の不動産売却は難しい?売れにくい理由やコツをご紹介

二世帯住宅の不動産売却は難しい?売れにくい理由やコツをご紹介

中古住宅は、条件によって売却しやすさが異なりますが、二世帯住宅は一般的な住宅よりも売れにくいとされています。
しかし売れにくい不動産であっても、売却するためのコツを押さえれば手放すことは可能です。
今回は二世帯住宅の種類に加え、二世帯住宅の不動産売却が難しい理由、売却のコツについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前に確認!二世帯住宅の種類とは?

二世帯住宅には、設備をどれだけ共有するかによって分類が異なり、3つの種類が存在します。
設備を世帯ごとにすべて分け、棟ごと分割する場合は完全分離型の住宅です。
トイレやバスルームなど、一部の設備を共有する場合は一部共用型と呼ばれます。
住宅に備わっている設備をすべて共有し、1棟にまとめたものが完全同居型です。
完全分離型の場合、各世帯のプライバシーは守りやすくなりますが、家事などの助け合いは難しくなります。
また完全同居型の場合は、子育てや介護にあたってのメリットが大きいものの、プライバシーへの配慮が難しく生活リズムの違いなどでのトラブルも多いです。

▼この記事も読まれています
不動産の売却時に必要な付帯設備表とは?知っておきたい記載事項や注意点

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却にあたって知っておきたい!二世帯住宅が売れにくい理由

二世帯住宅が売れにくい理由は、まず不動産としての需要が低い点です。
近年、親世帯と同居する方は減少している傾向にあり、二世帯が生活するための大きな住宅は売れにくい状態が続いています。
二世帯住宅は土地や建物の大きさ、導入されている設備の数などから売り出し価格が高くなりやすいのも、売れにくい理由のひとつです。
また、二世帯住宅が売り出されていると、ご家族の誰かが亡くなったのではないかと想像される場合もあります。
そのような心理的瑕疵の疑念から、中古の二世帯住宅の購入に踏み切れない買主の方も多いです。
二世帯住宅を希望している場合でも、詳細な条件がライフスタイルに合わないケースが多く、二世帯住宅の不動産売却は難しくなっています。

▼この記事も読まれています
不動産の売却時に必要な物件調査とは?特徴や流れをご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

売れにくい二世帯住宅の不動産売却を成功させるコツ

二世帯住宅を売却したい場合は、リフォームによって余分な設備を取り除き、通常の住宅に近づけると売れやすくなります。
ただし、リフォームには多額の費用がかかるうえ必ず売却できるとは限らず、売却できてもリフォーム費用まで回収できる可能性は低いです。
また、完全分離型の住宅であれば、アパートや長屋のような収益物件として売り出す方法もあります。
しかし、一部共有型や完全同居型の物件の場合は、それも難しいでしょう。
そこでおすすめなのが、専門の不動産会社に買取を依頼することです。
無理にリフォームして一般の買主に売るよりも、専門業者のほうがすぐに物件を手放せるだけでなく、結果的にお得になるケースが多いです。

▼この記事も読まれています
不動産買取でよくあるトラブルとは?解決策や回避方法を解説!

まとめ

二世帯住宅の不動産売却は、物件の需要の低さに対する売り出し価格の高さなどから難しい傾向にあります。
しかし、売れにくい物件であっても、リフォームなどで工夫すれば売却は可能です。
二世帯住宅の不動産売却をお考えの方はぜひ弊社までご相談ください。
藤沢市の不動産売却・相続・住み替えなど不動産のことなら藤沢不動産売却サイトにお任せください。
藤沢市及び隣接の市区町村、横浜市・茅ヶ崎市・鎌倉市・綾瀬市・大和市・寒川町・海老名市で不動産売却をご検討中の方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0466-61-0019

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日、日曜日

関連記事

不動産売却の流れ

売却査定

お問い合わせ