任意売却の一種である「単純売却」とは?概要やメリット・注意点を解説

任意売却の一種である「単純売却」とは?概要やメリット・注意点を解説

住宅ローンの残債を返済できないなどの理由で任意売却を検討する場合、単純売却と呼ばれる売却方法があります。
単純売却について知っていると、任意売却をよりスムーズに、より効果的におこなえる可能性が高まるでしょう。
そこで今回は、単純売却とは何か、概要からメリットや注意点を解説します。

\お気軽にご相談ください!/

任意売却の一種である「単純売却」の概要とは?

住宅ローンが返済できないなどやむをえない事情がある際におこなわれる任意売却には6つの方法があり、単純売却はそのうちの一つです。
6つの方法のなかでもっともシンプルであるといわれ、一般的な仲介売却とほぼ同様に売却できる点が特徴です。
そのため、競売で売却するケースなどと比較すると、1.5倍ほど高い売却価格がつくともいわれ、売り手にとってメリットがある売却方法でしょう。

▼この記事も読まれています
不動産の売却時に必要な付帯設備表とは?知っておきたい記載事項や注意点

\お気軽にご相談ください!/

任意売却の一種である「単純売却」のメリットとは?

単純売却には、高額な売却額が期待できる大きなメリットがあります。
このため、住宅ローンの返済に困難が生じた場合や急な出費などでも、売却によって多額の返済が可能となり、残債務を軽減する助けとなります。
さらに、債権者である金融機関などにとっても、返済額が増加することはメリットとなります。
そのため、単純売却は債権者の同意を取りやすい売却方法です。
しかし、買い手を確実に見つけ、高い価格での取引を実現するためには、物件を適切な状態に維持しておくことが重要です。
必要に応じて、売主が負担する形でクリーニングや壁紙の交換などの作業をおこなうことが、成功の鍵となります。

▼この記事も読まれています
不動産の売却時に必要な物件調査とは?特徴や流れをご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

任意売却の一種である「単純売却」を利用した売却の注意点とは?

任意売却の一種である「単純売却」を利用する場合の注意点の1つ目は、売却期間が長くなる可能性があることです。
通常の仲介売却と同じように売却の告知をし、買い手と交渉をしながら契約に結び付ける流れとなるため、すぐに売却できるわけではありません。
2つ目の注意点は、内見をおこなう際には物件の状態を良くしておく必要があることです。
買い手が購入したいと思うような物件でなければ、売却が難しいため、ある程度メンテナンスしたり片づけたりした状態が求められます。

▼この記事も読まれています
不動産買取でよくあるトラブルとは?解決策や回避方法を解説!

まとめ

単純売却とは、一般的な仲介売却とほぼ近い形で売却ができる方法で、比較的高値での取引が期待できます。
メリットが大きい反面、売却期間を要するなど注意点もあるため、自分に合った任意売却の方法であるか慎重に判断しましょう。
藤沢市の不動産売却・相続・住み替えなど不動産のことなら藤沢不動産売却サイトにお任せください。
藤沢市及び隣接の市区町村、横浜市・茅ヶ崎市・鎌倉市・綾瀬市・大和市・寒川町・海老名市で不動産売却をご検討中の方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0466-61-0019

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日、日曜日

関連記事

不動産売却の流れ

売却査定

お問い合わせ