築20年の一戸建てを売却するコツは?資産価値やリフォームについてご紹介

築20年の一戸建てを売却するコツは?資産価値やリフォームについてご紹介

築20年の一戸建てに住んでいる方のなかには、家の売却を考えている方もいると思います。
しかし、築20年の一戸建てがはたして売却できるのか、買い手が見つかるのか不安に思う方も多いでしょう。
今回は、築20年の一戸建てを売却するコツとはどのようなものか、築20年の一戸建ての資産価値について、売却時にリフォームの必要性があるかについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

築20年の一戸建ての資産価値とは?

築20年を超える木造一戸建ては、建物の資産価値はゼロとしてみなされるケースが多く、売却時には土地の資産価値だけで判断されます。
そのため、築20年の一戸建ての売却は難しいのではと思われがちですが、実は築20年が経っていても問題なく売却できます。
理由は、一戸建て住宅を安く購入して、自分の好みにリフォームやリノベーションをしたい方がいるからです。
新築で注文住宅を購入すれば莫大な費用がかかりますが、中古の一戸建て住宅なら安く購入できるため、一定の需要が見込めます。

▼この記事も読まれています
不動産の売却時に必要な付帯設備表とは?知っておきたい記載事項や注意点

\お気軽にご相談ください!/

築20年の一戸建て売却時にリフォームは必要?

築20年の一戸建てを売却する際に、リフォームやリノベーションなどは基本的に不要です。
リフォームには高額な費用がかかりますが、その費用が売却価格に反映できるとは限りません。
また、築20年の一戸建てを購入しようと考えている方は、リフォームやリノベーションを目的とした購入需要が高いため、そのままの状態で売却するほうが好ましいです。
ただし、築20年とは見えないほど傷んでいる箇所がある場合や、購買意欲を下げるような汚れなど、最低限の修繕はおこなっておくと売却の可能性が高まります。

▼この記事も読まれています
不動産の売却時に必要な物件調査とは?特徴や流れをご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

築20年の一戸建てを売却するコツとは?

築20年の一戸建てを売却するには、売却までの時間に余裕をもつのがコツです。
中古物件を売却する場合、まずは相場価格から少しだけ高く価格設定をおこない、売れなければ徐々に値下げしていきます。
しかし時間に余裕がないと、早く買い手を見つけるために無理に値下げをしなければなりません。
時間に余裕をもっておけば、売主の希望に近い買い手をじっくり探せるので無駄な値下げをせずに済みます。
また、購入希望者により好印象をもってもらうために、ハウスクリーニングをおこなうのもコツのひとつです。
とくに内見の際にじっくり見られる水回りは、プロに任せたほうがよりキレイになります。
ほかにも、築20年の一戸建てならホームインスペクションを実施して、住宅のコンディションをチェックしてもらえば、購入希望者が安心して決断しやすくなります。

▼この記事も読まれています
不動産買取でよくあるトラブルとは?解決策や回避方法を解説!

まとめ

築20年の一戸建ては、建物の価値はほぼゼロなので、土地の価値が売却価格になります。
しかし、中古物件を購入してリフォームやリノベーションをおこないたい方など、一定の需要があるため、決して売りにくい物件ではありません。
築20年の一戸建てを売却するコツを知って、スムーズな売却を目指しましょう。
藤沢市の不動産売却・相続・住み替えなど不動産のことなら藤沢不動産売却サイトにお任せください。
藤沢市及び隣接の市区町村、横浜市・茅ヶ崎市・鎌倉市・綾瀬市・大和市・寒川町・海老名市で不動産売却をご検討中の方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0466-61-0019

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日、日曜日

関連記事

不動産売却の流れ

売却査定

お問い合わせ