不動産売却のライフライン解約はいつ?タイミングや方法・注意点を解説!

2024-01-30

不動産売却のライフライン解約はいつ?タイミングや方法・注意点を解説!

電気・水道・ガスは生活に必要なライフラインですが、家を売却するときにいつ止めたら良いか気になっている方も多いでしょう。
節約のためにあまり早く解約してしまうと、売却活動に支障が出る可能性があるので注意が必要です。
そこで今回は、不動産売却におけるライフラインの解約タイミングや方法・注意点をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却におけるライフラインの解約タイミングとは

不動産売却時のライフラインは、物件の引き渡しまでに完了すれば問題ありません。
ただし、電気と水道については買主が決まってから解約することがおすすめです。
内覧では部屋の印象や設備の状態を確認するため、電気や水道が使えないとイメージが悪くなりかねません。
内覧の快適さは購入希望者の購買意欲に影響するため、売却終了時が解約タイミングとなります。
ガスに関しては、部屋の掃除や内覧には影響しないため、売却活動をおこなう前に解約しても問題ありません。
早めに手続きを済ませておくことをおすすめします。

▼この記事も読まれています
不動産の売却時に必要な付帯設備表とは?知っておきたい記載事項や注意点

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却におけるライフラインの解約方法

電気の解約は、契約している電力会社に電話やホームページ経由で申し込めます。
電気メーターは家の外にあるため、解約日にブレーカーを落としておけば立ち会いなしで解約可能です。
ただし、オートロック付きのマンションなどは立ち会いが必要になる可能性もあります。
水道の解約方法も電気と同様で、管轄の水道局に連絡するだけです。
解約日が決まれば、水道局の職員が供給停止の作業を進めてくれます。
ガスの解約方法も電話やホームページ経由でおこないますが、ガスメーターが設置されている場所によっては立ち会いが必要です。
オートロック内にガスメーターがある場合は、立ち会う必要があるため、日時を調整しましょう。

▼この記事も読まれています
不動産の売却時に必要な物件調査とは?特徴や流れをご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却におけるライフライン解約の注意点

ライフラインを停止する際は、解約の1週間前までに各会社に連絡する必要があります。
解約日の直前に連絡しても、すぐに対応してもらえないため、早めに手続きを済ませましょう。
また、水道や電気を早めに止めると、部屋の掃除や内覧に影響してしまうことも注意点です。
解約タイミングをしっかりと見定め、スムーズに売却できるように調整しましょう。
物件の名義変更がされるまでは売主が光熱費を支払うため、売却が長引く場合はその分の費用が発生することにも注意が必要です。

▼この記事も読まれています
不動産買取でよくあるトラブルとは?解決策や回避方法を解説!

まとめ

不動産売却時の電気・水道・ガスは、物件を買主に渡す直前に解約するのが最適です。
解約方法は、それぞれの会社に連絡すれば対応してくれます。
内覧に支障をきたさないように、電気や水道は売却が完了するまで停止しないようにしましょう。
藤沢市の不動産売却・相続・住み替えなど不動産のことなら藤沢不動産売却サイトにお任せください。
藤沢市及び隣接の市区町村、横浜市・茅ヶ崎市・鎌倉市・綾瀬市・大和市・寒川町・海老名市で不動産売却をご検討中の方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0466-61-0019

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日、日曜日

不動産売却の流れ

売却査定

お問い合わせ