土地を売るタイミングの見極め方!所有期間や地価動向について解説

2024-02-20

土地を売るタイミングの見極め方!所有期間や地価動向について解説

土地を売るタイミングは、いつがベストなのでしょうか。
市場の動向や税金の影響、自分のライフスタイルなど、さまざまな要素が関係してきます。
土地の売却を考えている方は、どのようなポイントに注意すべきなのでしょうか。
そこで今回は、土地を売るタイミングについて解説します。

\お気軽にご相談ください!/

所有期間で見る土地を売るタイミング

土地を売る際のタイミングとして、譲渡所得税の税率が変わるポイントが目安の一つとなります。
譲渡所得税は、不動産の売却に伴う所得税と住民税で、所有期間によって税率が異なります。
所有してから5年未満で売却すると、39.63%の税率が適用される短期譲渡所得となります。
一方、所有してから5年以上経過して売却すると、20.315%の税率が適用される長期譲渡所得となります。
したがって、5年以上となるタイミングで土地を売却すると税率が低くなるのです。

▼この記事も読まれています
旗竿地の売却はなぜ難しい?売却するための方法とは

\お気軽にご相談ください!/

地価動向で見る土地を売るタイミング

不動産や土地を売る際のタイミングは、経済指標や地価動向によっても変動するものです。
経済指標は景気や物価、雇用状況などを示し、地価動向は土地の価格の変動を表します。
経済指標が好調で地価が上昇している時が売り時であり、需要が高まります。
逆に経済指標が悪化し、地価が下落している時は売るべき時ではありません。
2023年の国土交通省のデータによると、全国の公示地価の平均は上昇傾向となっています。
そのため、今が売り時ともいえるでしょう。
現在は、低金利施策によって不動産取引が後押しされている状態ではありますが、今後金利が上昇する可能性もあります。
そうなった場合、需要が減少する可能性があるため、売りづらくなることも予想されます。
土地の売却をご検討の際は、これらのデータも確認したうえでの判断が必要です。

▼この記事も読まれています
土地の査定方法の一つでもある公的評価とは?道路や形状も関係してくるのか

\お気軽にご相談ください!/

土地を売る際の注意点

土地を売る際は名義の確認が重要です。
もし、土地の名義が自分になっていない場合は、売却手続きを進めることが難しくなります。
土地の名義が自分になっていないと売却しづらい理由は、原則として名義人以外は売却をおこなえないからです。
たとえば、相続した土地を売却する場合、相続登記をしていないと売却ができません。
売却を考えている場合は、早めに名義変更をおこなうことをおすすめします。
名義変更には、登記簿謄本や戸籍謄本などの書類が必要ですが、不動産会社や司法書士に依頼すればスムーズに進めることができますので、利用を検討すると良いでしょう。
名義変更をしておけば、売却時に起こるトラブルや時間のロスを防ぐことができます。

▼この記事も読まれています
土地を相続する際に起きるトラブルとは?相続税や登記を平等に対処する方法

まとめ

土地を売るときには、タイミングの見極めが大切です。
所有期間によって税率が変動するため、ご自身の持つ土地の所有期間がどれくらいなのかを確認しましょう。
また、市場の動向によってもタイミングが異なりますので、こちらも確認したうえで判断することがおすすめです。
藤沢市の不動産売却・相続・住み替えなど不動産のことなら藤沢不動産売却サイトにお任せください。
藤沢市及び隣接の市区町村、横浜市・茅ヶ崎市・鎌倉市・綾瀬市・大和市・寒川町・海老名市で不動産売却をご検討中の方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0466-61-0019

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日、日曜日

不動産売却の流れ

売却査定

お問い合わせ