隠し子に不動産相続の権利はあるの?隠し子が発覚した際の対処法!

2024-03-12

隠し子に不動産相続の権利はあるの?隠し子が発覚した際の対処法!

相続のトラブルでドラマでも描かれるシーンとして、隠し子の存在が明らかになり、家族で言い争いとなるというのがありますが、このようなケースは実際のところ少なくありません。
不動産の相続に際して隠し子が発覚した場合には、どのように対応していけばよいのでしょうか?

\お気軽にご相談ください!/

不動産相続で隠し子が発覚した場合、どうすればよいか?

不動産相続の場面で遺産分割協議の後に隠し子の存在が明らかになった場合は、まず死後認知請求により相続人かどうかを確定させることが先決です。
もし死後認知請求が認められない場合、隠し子は相続権を有しておらず、相続の対象にはなりません。
反対に、死後認知請求が認められると、その隠し子にも相続権が発生することになります。
急いで遺産を渡してしまうことは避け、隠し子が現れた場合は死後認知請求を進め、それに応じない場合は相続を認めず、適切に対応することが重要です。
また、遺産分割協議をやり直す必要はないということも覚えておきましょう。
遺産分割協議が終了した時点で、誰が何を相続するかが既に決定されています。
後から発覚した隠し子は、不動産などの資産を相続することはできず、またやり直しも現実的ではないと考えられます。

▼この記事も読まれています
相続税の取得費加算の特例とは?併用できる税制もご紹介

\お気軽にご相談ください!/

隠し子を無視して不動産の相続を進めることはできるのか?

結論から述べると、隠し子を無視して遺産分割を進めることは原則的にはできません。
遺産分割は相続人全員の合意が必要なプロセスであり、相続人全員で行わない限り無効となります。
そのため、隠し子が存在する場合、その隠し子に知らせないまま遺産分割協議を成立させても効力は発生しないのです。
隠し子に相続さないためには、隠し子自身に相続放棄をしてもらうほかありません。

▼この記事も読まれています
不動産相続における数次相続とは?数次相続が発生した場合の注意点を解説!

\お気軽にご相談ください!/

不動産相続で隠し子が発覚したら専門家に相談を

もし隠し子が発覚した場合、揉めるか揉めないかに関わらず、相続の専門家に相談・依頼をすることをおすすめします。
たとえその場は丸く治まったとしても、将来的なトラブルにつながる恐れもありますので、はじめから弁護士などの専門家を頼ることが無難です。
ただでさえ相続は家族間で話し合いが難しくなりがちな上、隠し子との相続となるとさらに複雑になってしまいます。
弁護士に相談することで、隠し子との対話を避けつつも相続手続きを進めることが可能となります。
不動産の相続には多くの書類が必要であり、弁護士に依頼することで手続きがスムーズに進みます。

▼この記事も読まれています
成年後見人による不動産売却の方法とは?手続きの流れを解説!

まとめ

隠し子が発覚した場合、相続手続きを進める際には相続権があるかどうかをしっかりと確認するところから始めるのが肝要です。
隠し子を無視して遺産相続を進めるのは、のちに大きなトラブルになりかねないため避けるべきです。
相続トラブルを未然に防ぐためには、早めに弁護士に相談することが重要です。
藤沢市の不動産売却・相続・住み替えなど不動産のことなら藤沢不動産売却サイトにお任せください。
藤沢市及び隣接の市区町村、横浜市・茅ヶ崎市・鎌倉市・綾瀬市・大和市・寒川町・海老名市で不動産売却をご検討中の方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0466-61-0019

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日、日曜日

不動産売却の流れ

売却査定

お問い合わせ