築浅の一戸建てを売却するためのコツは?売却するためのコツを解説

2024-03-26

築浅の一戸建てを売却するためのコツは?売却するためのコツを解説

マイホームを購入してからまだ間もない築浅物件だと、このタイミングで売れるのだろうかと心配になるかもしれません。
確かに、買い手からすると何か一戸建て物件に問題があるのでは?と疑う可能性もあります。
そこで今回は、築浅一戸建てを売るためのポイントを、価格目安と共に解説していきます。

\お気軽にご相談ください!/

築浅一戸建てを売却する理由を明確にしておく

築浅というのは築年数が5年程度の物件を指します。
もちろん、建物としての状態は新しいので良好であるはずですが、通常であればそんなに早く一戸建てを売ることはないと思われてしまいます。
そこで、売りたい理由をはっきりとさせ、それを良いイメージで不動産会社や売主に伝えられるようにしておくことは大事です。
売却の理由としては、マイホームを購入した後に離婚することになった、思ってもみなかった転勤や転職が決まったという点が挙げられるでしょう。
他にも、親の介護をすることになった、経済的な事情が生じて住宅ローンの支払いが厳しくなったという理由でも納得してもらいやすいでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産の売却時に必要な付帯設備表とは?知っておきたい記載事項や注意点

\お気軽にご相談ください!/

築浅物件の価格目安とは?

建物は築年数が経つごとに資産価値が減っていきます。
1年であっても、誰かが住んだという履歴があるだけで10%程度下がります。
そして、築浅の場合は新築時からの下落率が高い傾向にあり、平均して1年で1~2%程度下がっていきます。
こうしたことから、築年数5年の場合は、15~20%程度の下落となってしまう可能性があります。
もちろん、このくらいの築年数であれば、内装や外装はもちろん、設備も新しい状態ですので、それほど価値は低下していないはずです。
それだけに、売り手としてはもっと高く売却したいと思うものの、市場では低めに見積もられてしまうというギャップが生じるのです。

▼この記事も読まれています
不動産の売却時に必要な物件調査とは?特徴や流れをご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

上手に一戸建てを売却するコツ

一戸建てを上手に売るためには、できるだけ設備は残しておくことです。
通常だとエアコンや照明器具などは外してしまうことが多いのですが、築浅の場合はこうした設備も新しいので、残しておいた方が好印象を持たれます。
築年数が浅いということが最大の魅力ですので、それを見た目でも感じられるようにすることが重要です。
たとえば、クロスの破れや汚れがひどい箇所があるようなら、その部分を張り替えておくのも良いでしょう。
また、水回りはしっかりと掃除をして清潔感を抱いてもらえるようにします。

▼この記事も読まれています
不動産買取でよくあるトラブルとは?解決策や回避方法を解説!

まとめ

築浅一戸建てを売却する際は、売りたい理由をはっきりとさせ、それを良いイメージで不動産会社や売主に伝えられるようにしておくことが大事です。
築浅の一戸建てを売却するに当たっては、売却理由を明確にすることや、設備や見た目の面で好印象を残してきれいな住宅というイメージを持たせることが重要です。
築浅は思ったよりも価格が安くなってしまうこともありますが、こうした点を踏まえて納得のいく価格での売却ができるようにしたいものです。
藤沢市の不動産売却・相続・住み替えなど不動産のことなら藤沢不動産売却サイトにお任せください。
藤沢市及び隣接の市区町村、横浜市・茅ヶ崎市・鎌倉市・綾瀬市・大和市・寒川町・海老名市で不動産売却をご検討中の方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0466-61-0019

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日、日曜日

不動産売却の流れ

売却査定

お問い合わせ