不動産を早く売りたい場合の最短ルートとは?売却を迫られる理由も解説

2024-04-16

不動産を早く売りたい場合の最短ルートとは?売却を迫られる理由も解説

「相場が高いうちに売りたい」「住宅ローンの返済が滞りそう」などの事情で、不動産を早く売りたいと考えている方も多いのではないでしょうか。
不動産価格はさまざまな理由で下落するリスクを含んでいるため、早く売りたいと思ったならば、そのときが売り時です。
そこで今回は、不動産を早く売ったほうが良い理由や早期売却を実現させる方法をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産を早く売ったほうが良い理由

不動産は土地と建物をあわせて売却するケースが大多数ですが、建物は築年数が経過するごとに劣化するため、建物価格の値下がりは避けられません。
土地についても同様で、相場価格は常に変動しており、近い将来に大幅な下落を見せるリスクもあります。
また、自宅として使用していた不動産を売却する場合、3,000万円の特別控除を適用して譲渡所得税を節税できます。
しかし、控除を適用できるのは相続後3年以内に売却した場合のみです。
これらの理由により、不動産を早く売りたいと思った場合は、できるだけ早く不動産会社に相談することをおすすめします。

▼この記事も読まれています
不動産の売却時に必要な付帯設備表とは?知っておきたい記載事項や注意点

\お気軽にご相談ください!/

不動産の早期売却が迫られるケース

早く売りたいとは思っていなくても、状況により早期売却が迫られるケースもあります。
たとえばローン返済ができない状態のまま放置すると、やがて不動産が競売にかけられるため、その前に任意売却を済まさなければなりません。
離婚するときは、夫婦の財産を協議によって分割する必要があるため、ここでも可能な限り早い不動産売却が求められます。
遺産分割においても同様で、不動産は現金と違い均等に分割しにくくなっています。
そのため、不動産を現金化して売却益を分割する「換価分割」で相続を終えることが一般的です。

▼この記事も読まれています
不動産の売却時に必要な物件調査とは?特徴や流れをご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

不動産を最短ルートで売る方法

不動産を最短ルートで売りたい場合は、不動産会社に直接買取を依頼する「不動産買取」の利用をおすすめします。
不動産買取における売却価格は仲介売却と比較して安くなりますが、その代わりに仲介手数料無料で売却することが可能です。
また、買主を探す時間と手間を省いて売却できることもメリットとして挙げられます。
ほかにも、登記簿謄本や売買契約書、重要事項説明書などの売却に必要な書類を準備しておくと、よりスムーズに不動産を売却できます。

▼この記事も読まれています
不動産買取でよくあるトラブルとは?解決策や回避方法を解説!

まとめ

不動産を早く売りたい場合は、建物価格や相場価格が下落する前に不動産会社に相談しましょう。
ローン返済ができない場合や、離婚・相続などを控えている場合など、早期売却が迫られるケースも同様です。
不動産買取サービスを利用すると、買主を探す手間と時間を省けるほか、仲介手数料もかからず、最短ルートで売却することが可能です。
藤沢市の不動産売却・相続・住み替えなど不動産のことなら藤沢不動産売却サイトにお任せください。
藤沢市及び隣接の市区町村、横浜市・茅ヶ崎市・鎌倉市・綾瀬市・大和市・寒川町・海老名市で不動産売却をご検討中の方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0466-61-0019

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日、日曜日

不動産売却の流れ

売却査定

お問い合わせ