老後の家が広すぎるなら住み替えがおすすめ!おひとりさま向きの家もご紹介

2024-05-14

老後の家が広すぎるなら住み替えがおすすめ!おひとりさま向きの家もご紹介

ファミリータイプのマイホームを購入した場合、子どもの独立などで老後に家族構成が変わると、家が広すぎるせいで困ってしまいがちです。
この場合は、より適した間取りへの住み替えをおすすめします。
今回は住み替えをおすすめする理由や実際に引っ越しをした方が住み替えを決意した理由、おひとりさまにおすすめの老後の住まいをご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

老後に家が広すぎる場合の対処法は「住み替え」がおすすめ

家族の独立や離婚・死亡などにより、今の家が広すぎると感じた場合の対処法としては、より適した間取りや広さの家への住み替えがおすすめです。
広い家は手入れが大変で、部屋の掃除や片づけに疲れてしまいやすいほか、掃除中に高所に上るなどした際にけがをしてしまうかもしれません。
郊外で暮らしている方の場合、体力の衰えなどにより老後に車や自転車に乗れなくなると、不便な場所で暮らすのは大変です。
また、住み替えによって差額分の利益が生まれると、そのお金を老後資金に回せます。

▼この記事も読まれています
不動産の売却時に必要な付帯設備表とは?知っておきたい記載事項や注意点

\お気軽にご相談ください!/

老後に家を住み替えた理由とは

実際に引っ越しを経験した方が、住み替えを決意した理由として多く挙げられるのは「孤独への不安」と「高齢期のライフスタイルに合わない」といった事情です。
家族や親族から遠く離れた場所に住んでいると、万一の際にすぐ助けを求められないこともあり、孤独な状態で高齢期を過ごすことに不安を覚える方が多くいます。
「要介護になったときの不安があるから」といった理由も、老後の住み替えにありがちな事情です。
先述したとおり「掃除や管理が大変」といった理由や「屋内に階段があって危険」などの事情により、広すぎる家が今後のライフスタイルに合わないと感じる方も多いです。

▼この記事も読まれています
不動産の売却時に必要な物件調査とは?特徴や流れをご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

おひとりさまにおすすめの老後の住まい

いわゆる「おひとりさま」の場合、老後の住まいを持ち家にするか、それとも賃貸物件にするかで悩む方が多いかもしれません。
おひとりさまの高齢者は収入が不安定になりやすく、賃貸物件の部屋を借りるハードルが上がることもあり、独身の老後は持ち家が有利です。
持ち家を購入する場合は、できるだけ周辺に坂道や階段がなく、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、ドラッグストア、病院などが多いエリアを選びましょう。
便利な施設に囲まれながら過ごすことにより、精神的・身体的な負担を軽減して過ごせます。

▼この記事も読まれています
不動産買取でよくあるトラブルとは?解決策や回避方法を解説!

まとめ

老後に家が広すぎると感じた場合は、適切な広さの家に住み替えることをおすすめします。
実際に住み替えた方は、その理由として「孤独への不安」「高齢期のライフスタイルに合わない」といった事情を挙げることが多いです。
おひとりさまの場合、周辺に坂道や階段がなく、買い物や通院に便利な場所に住み替えると良いでしょう。
藤沢市の不動産売却・相続・住み替えなど不動産のことなら藤沢不動産売却サイトにお任せください。
藤沢市及び隣接の市区町村、横浜市・茅ヶ崎市・鎌倉市・綾瀬市・大和市・寒川町・海老名市で不動産売却をご検討中の方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0466-61-0019

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日、日曜日

不動産売却の流れ

売却査定

お問い合わせ