日当たりが悪い家の売却価格は?メリットや売却のコツをご紹介

2024-06-18

日当たりが悪い家の売却価格は?メリットや売却のコツをご紹介

日当たりが悪い家に問題を感じ、売却したいと考える方は少なくないです。
しかし、この場合で気になるのが売却価格がどうなるのかではないでしょうか。
今回は価格についてはもちろん、売るメリットやコツなどをご紹介するので、気になる方は参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

日当たりが悪い家の売却価格

基本的に日当たりが悪い家は、売却価格が低くなりがちです。
これは日当たりが悪いと、一般的に需要や市場価値が低いと判断されるためです。
実際に、こうした特徴のある建物を、積極的に購入しようとする方は稀でしょう。
方角によっても日光の入り方は異なるため、常に薄暗い建物はマイナスイメージになります。
ただし、たとえ価格が低くても、売れなくなるわけではありません。
工夫をすれば買主が見つかるので、諦めずに販売活動をおこないましょう。

▼この記事も読まれています
不動産の売却時に必要な付帯設備表とは?知っておきたい記載事項や注意点

\お気軽にご相談ください!/

日当たりが悪い家のメリット

日光が入らなくても、独自のメリットがあります。
それは、基本的に日光による熱を感じないため、部屋のなかが涼しい点です。
真夏でもひんやりとしているため、熱中症リスクが低く、光熱費削減ができます。
また、日焼けをする心配もないため、美容意識が高い方には強いアピールポイントとなります。
ただし、これらの要素は日中外出をしている方には、あまりメリットを感じられない可能性もあるでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産の売却時に必要な物件調査とは?特徴や流れをご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

日当たりが悪い家を売却するコツ

まずは照明を工夫してみましょう。
日光があまり入らないと、室内は薄暗くなりがちです。
日中でもどんよりとした暗い雰囲気になる可能性があるため、照明でしっかり室内を照らしましょう。
また、間接照明は温かみのある色合いが特徴的で、おしゃれな雰囲気を演出できます。
なかにはデザインが工夫されている証明もあるので、インテリアにこだわって演出するのも効果的です。
また、掃除をおこなうのも大切です。
掃除が不十分だと、薄暗い空間がさらに暗く見えてしまいます。
清潔感のある空間なら、多少日光が入りにくくてもマイナスポイントが気になりません。
また、ターゲットを明確にしましょう。
売りたい方を明確にしてPRすれば、効率的にリーチでき、すぐに買主が見つかるでしょう。
早く取引を進めたいと考えている場合は、どのような方をターゲットにしたいのかを考えてみてください。
また、物件情報には、どのような方におすすめなのかを明確に記載しましょう。

▼この記事も読まれています
不動産買取でよくあるトラブルとは?解決策や回避方法を解説!

まとめ

日当たりが悪い家は、売却価格が低くなりがちですが、日焼けせず涼しく過ごせるなどのメリットもあります。
売るときのコツとして、ターゲットを明確にして掃除をするなどが挙げられるので、ぜひ試してみてください。
藤沢市の不動産売却・相続・住み替えなど不動産のことなら藤沢不動産売却サイトにお任せください。
藤沢市及び隣接の市区町村、横浜市・茅ヶ崎市・鎌倉市・綾瀬市・大和市・寒川町・海老名市で不動産売却をご検討中の方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0466-61-0019

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日、日曜日

不動産売却の流れ

売却査定

お問い合わせ