火事のあった家の売却価格は?告知義務やコツなどを解説

2024-06-18

火事のあった家の売却価格は?告知義務やコツなどを解説

火事のあった家を売却する場合、価格にどのような影響があるのでしょうか。
不動産を売るうえで、いくらになるのかは事前に知っておきたい知識です。
また、本記事では告知義務やコツについても解説しているので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

火事のあった家の売却価格

火事のあった家といっても、実際にどの程度の被害を受けたのかは、建物によって異なります。
たとえば水回りが少し焦げた程度と、半焼の場合では全く状況が異なるのです。
多少焦げてしまった程度であれば、リフォームで改善が期待できるため、価格に大きな変化はありません。
また、ある程度焼けてしまっている状態でも、建物以外に被害がないなら、更地にして相場程度の金額で売れます。
しかし、誰かが亡くなっている場合は相場に対して金額が下がります。
誰かが亡くなっていると、心理的瑕疵がある物件として分類されるためです。

▼この記事も読まれています
不動産の売却時に必要な付帯設備表とは?知っておきたい記載事項や注意点

\お気軽にご相談ください!/

火事のあった家を売却する場合の告知義務

もし家に瑕疵があった場合、買主に対して告知義務が発生します。
瑕疵とは、見えない欠点や欠陥などを指します。
先述したように誰かが亡くなっている場合は、たとえ建物がそこまで焼けていなくても、心理的瑕疵がある物件としてみなされます。
リフォームをおこなっていたとしても、瑕疵については隠さずに伝えなくてはなりません。
また、ボヤが少し起きた程度でも、火事が過去に起きている点は重要項目説明書に記載する決まりとなっています。
事実と異なる内容を伝えると、後々トラブルになる恐れがあるため、隠さずに伝えましょう。

▼この記事も読まれています
不動産の売却時に必要な物件調査とは?特徴や流れをご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

火事のあった家を売却するコツ

おすすめのコツが、火災保険で修理する方法です。
ある程度修理しておけば、室内が焼けていてもケアできます。
多少のボヤがあった程度であれば、火災保険の保険金で修繕できるでしょう。
また、ホームインスペクションもおすすめです。
ホームインスペクションは建物の劣化状態をチェックできるサービスです。
瑕疵がないか事前に確認しておけば、売却後のトラブルを防げます。
また、ホームインスペクションを受けたと売主にアピールできれば、マイナスイメージの払しょくにつながります。
さらに、売出し価格を可能な限り抑えるのもおすすめです。
あまりに高額だと、なかなか買い手が付かなくなります。
相場や建物の状態を見ながら、売出し価格を考えましょう。

▼この記事も読まれています
不動産買取でよくあるトラブルとは?解決策や回避方法を解説!

まとめ

火事のあった家を売却する場合、規模や建物の状態によって価格が異なります。
瑕疵がある場合は告知義務が必要になるため、ホームインスペクションを受ける、火災保険で修理するなどのコツを意識してみましょう。
藤沢市の不動産売却・相続・住み替えなど不動産のことなら藤沢不動産売却サイトにお任せください。
藤沢市及び隣接の市区町村、横浜市・茅ヶ崎市・鎌倉市・綾瀬市・大和市・寒川町・海老名市で不動産売却をご検討中の方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0466-61-0019

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日、日曜日

不動産売却の流れ

売却査定

お問い合わせ