一戸建ての売却はなぜ難しいといわれる?原因や対策方法も解説

2024-06-25

一戸建ての売却はなぜ難しいといわれる?原因や対策方法も解説

一般的に、一戸建てはマンションよりも、売却するのが難しいとされています。
しかし、「なんで一戸建ての物件は売れにくいの?」と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、一戸建ての物件が売れない理由や、売れない原因に加えて、スムーズに売るための対策を解説していきます。

\お気軽にご相談ください!/

一戸建ての売却が難しいといわれる理由

一戸建ての売却が難しいとされる理由として「需要が少ない」ということが挙げられるでしょう。
一般的に、一戸建ては新築で建てたいと考えている方が多く、中古の場合はマンションのほうが需要が高い傾向があります。
また、少子高齢化が進む中で、今後も一戸建ての需要が減少する可能性も示唆されているのです。
とくに、過疎化が進む地方エリアや田舎においては、需要はさらに少ないといえるでしょう。
不動産投資を検討する場合も、基本的にはアパートやマンションに投資する方が多く、一戸建ては投資に不向きとされています。

▼この記事も読まれています
不動産の売却時に必要な付帯設備表とは?知っておきたい記載事項や注意点

\お気軽にご相談ください!/

一戸建ての物件が売れないよくある原因

一戸建ての物件が売れないよくある原因としては、「築年数が古い」ことや「売り出し価格が高い」ことが挙げられます。
基本的に築年数が経過しているほど成約価格は下落していき、それに伴って需要も下がるため、売れにくくなります。
また、相場よりも売出価格を高く設定している物件は、売れにくい原因となります。
そのため、そのエリアでの売却相場を自分で調べることや、仲介依頼する不動産会社とよく相談して売出価格を決めることが大切です。

▼この記事も読まれています
不動産の売却時に必要な物件調査とは?特徴や流れをご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

一戸建てをスムーズに売るための対策

一戸建てをスムーズに売却する対策としては、「売り出すタイミングを見極めること」が挙げられます。
不動産業界では、需要が増える「繁忙期」と、逆に需要が減る「閑散期」のシーズンがはっきりしています。
そのため、需要が増える繁忙期に売り出すことで、一戸建てでも高く売れる可能性が高くなるのです。
具体的な繁忙期としては、進学や転勤による住み替えが増える「2~3月」であるため、売り出しに向けてその半年前には動き始めると良いでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産買取でよくあるトラブルとは?解決策や回避方法を解説!

まとめ

一戸建ての売却が難しいといわれる理由としては、中古の場合は一戸建てよりもマンションのほうが需要が高いことが挙げられます。
一戸建ての物件が売れない場合、築年数が古いことや、売り出し価格が高いなどの原因が考えられるでしょう。
スムーズに一戸建てを売却するならば、不動産業界の繁忙期である2~3月のタイミングで売り出すことがポイントになります。
藤沢市の不動産売却・相続・住み替えなど不動産のことなら藤沢不動産売却サイトにお任せください。
藤沢市及び隣接の市区町村、横浜市・茅ヶ崎市・鎌倉市・綾瀬市・大和市・寒川町・海老名市で不動産売却をご検討中の方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0466-61-0019

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日、日曜日

不動産売却の流れ

売却査定

お問い合わせ